【ハッブル今週の一枚】2021/02/01 UGC3885 ‘’細やかな銀河‘’

ESA/Hubbleで毎週更新されているPicture of the Week、通称ハッブル今週の一枚を紹介していく記事です。

2月一発目はこちら。

UGC3885です!

プロフィール

UGC3885はやまねこ座の方向、約1億8000万光年先にある渦巻銀河です。

別の名称として、LEDA21195、2MASX J07310706+5928539、Z 286-24などがあります。

銀河についての詳しい記事はこちらをご覧ください。

解説

前景に明るく目立つ星がありますが、それも銀河の壮大さを前にしては無力です。

この星の明るさに負けず、銀河の細部まで鮮明に写し出されています。

UGC3885の腕には青く輝く若い星と暗い塵の帯が散りばめられており、それらが生み出すコントラストは宇宙的な美しさがあります。

一瞥するだけだとただの銀河という印象しか残りませんが、よく観察してみると銀河の構造を確認することが出来ます。

最後に

ESA/Hubble Picture of the Weekでは今回紹介したUGC3885のオリジナル画像や壁紙等も公開されています。是非ご覧ください。

ESA/Hubble The Modest Galaxy