【ハッブル今週の一枚】2021/02/22 NGC4826 ‘’‘Eye in the Sky’

ESA/hubbleで毎週紹介されているPicture of the Week、通称ハッブル今週の一枚を紹介していく記事です。

今週の一枚はこちら

NGC4826です。

プロフィール

かみのけ座の方向約1700万光年の位置にある渦巻銀河。

明るい中心部の片側に暗い塵の帯が広がっていることから「黒い目」「邪悪な目」とも呼ばれる。

1799年にイギリスの天文学者、エドワード・ピゴットによって発見された。

解説

NGC4826はその奇妙な内部運動によって天文学者たちの注目を集めています。

外側のガスと内側のガスがそれぞれ逆方向に回転しているというのです。

この要因として最も有力視されているのが銀河同士の衝突です。比較的最近の衝突によって奇妙な内部運動が発生したと考えられています。

⇒ESA/Hubble Picture of the Week ‘’Eye in the Sky‘’