【ハッブル今週の一枚】2021/1/11 NGC613

こちらで毎週更新されているPicture of the Week,通称ハッブル今週の一枚を紹介していく記事です。

今週の一枚はこちら!

ちょうこくしつ座のNGC613です。

プロフィール

まずはNGC613の情報からご紹介。

NGC613は南のちょうこくしつ座の方向約6700万光年離れたところにある棒渦巻銀河です。

1798年にイギリスの天文学者、ウィリアム・ハーシェルによってはじめて発見されました。

なお銀河の分類など銀河についての詳しい話は以下の記事で紹介していますので是非ご覧ください。

特徴

NGC613は規模こそそこまで大きくはないものの、棒渦巻銀河の非常に良い例として知られています。

画像を見てもバルジを貫く棒状の構造と、そこから伸びる腕を観察することが出来、容易に棒渦巻銀河であると判断できます。

因みに全天で観測できる銀河のうち、半数以上は棒渦巻銀河なんです。

棒渦巻銀河で見られる棒状の構造は、銀河の形成と進化についての手掛かりになるとして今でも研究が進められています。

最後に

元であるこちらの記事ではNGC613のオリジナル画像や壁紙も公開されていますので是非訪れてみてください。