【初心者向け格安】絶対に失敗しないおすすめ望遠鏡4選!




月や土星や木星といった惑星を観察するのに必須の機材「望遠鏡」。

いざ欲しいと思っても、何を買えばいいのかわかりませんよね。

特に望遠鏡は性能差が激しく、粗悪なものも多いです。

今回は初心者向けに、(比較的)安いけど絶対に失敗しないおすすめ望遠鏡を紹介していきます。

大人はもちろん、お子さんへのプレゼントにも最適です。

※私の中でかなり厳選しました。

こちらの記事では大人向けな望遠鏡を紹介してます。

コルキットスピカ ¥3,630

コルキットスピカ販売ページ

組み立て式の望遠鏡です。

紙製でいかにもチープな感じがしますが、4cmの対物レンズはアクロマートレンズを採用しており、色にじみが抑えられたシャープな像を得ることが可能です。

月の観察はもちろんのこと、土星の環の観察も行えます。

組み立ても一時間ほどあれば完成するのでさほど難しくはなく、まさに入門用にうってつけな望遠鏡といえます。

 

□ここがGOOD
・アクロマートレンズ採用で色にじみ軽減、シャープな像
・軽量でカメラ三脚で運用可能
・簡単な組み立てで本格的な性能
・安い

 

□ここはBAD
・口径が小さいので木星の縞模様や土星のカッシーニの溝は観察できない
・紙製でチープな感じが否めない
・組み立てが面倒くさい
・別途三脚を用意する必要あり

 

観測対象

月のクレーター、土星の環、木星の衛星

形式 屈折望遠鏡 完成時の長さ 約42cm
対物レンズ 4cm/アクロマートレンズ 重量 約150g
焦点距離 420mm 付属品 工作キット、アイピース
付属アイピース K-12mm(35倍)

 

国立天文台望遠鏡キット ¥5,280

国立天文台望遠鏡キット ホームページ

国立天文台がプロデュースした組み立て式望遠鏡。

国立天文台が企画・設計・製造の全工程をプロデュースしていることもあって安価、コンパクトながら高性能に仕上がっている。
 

□ここがGOOD
・全工程を国立天文台がプロデュース。安価ながら高性能。
・口径5cm、アクロマート対物レンズを採用し、基本はばっちり。
・アイピースは16倍と66倍の二つが付属。
・スマホガイドリングが付属。スマートフォンでの撮影も可能。
・軽量、コンパクト。

 

□ここはBAD
・三脚は別途カメラ三脚を用意する必要あり。
・組み立てが面倒くさい

 

観測対象

月のクレーター、木星とガリレオ衛星、土星の環、金星の満ち欠け。

形式 屈折望遠鏡 長さ 450mm(最大伸展時は490mm)
対物レンズ 5cm/2枚玉アクロマート 重量 約265g
焦点距離 399mm F8 付属品 アイピース、ガイドリング
付属アイピース 25mm(16倍)、6mm(66倍)

 

MAKSY60 ¥12,800

 

望遠鏡の仕組みが学べるという教育用の天体望遠鏡ですが、マクストフ・カセグレンという光学系を採用しており、性能も侮れないものとなっています。

色にじみは発生せず、月や土星の環、木星の縞模様を観察する際にシャープな像が得られます。

またスマートフォン用の撮影アダプターが付属しており、月の撮影等も容易に行うことが可能です。

接眼レンズや三脚等も付属しているので届いてすぐに使うことが出来ます。

□ここがGOOD
・マクストフ・カセグレン式採用で色にじみが実用上皆無、シャープな像が得られる
・望遠鏡の構造が学べる
・スマホ撮影アダプター付きでスマホで簡単に撮影が可能
・軽量で持ち運びしやすく、場所もとらない
・届いてすぐ使える

 

□ここはBAD
・質感はおもちゃ

 

観測対象

月のクレーター、土星の環、木星の衛星
アイピースを買い足して倍率を上げることで、木星の縞模様や火星の極冠、金星等も観測可能

形式 マクストフ・カセグレン 長さ
口径 60mm 重量 約422g
焦点距離 750mm 付属品 鏡筒本体・アイピース3種・正立プリズム・スマートフォンアダプター・三脚
付属アイピース 20mm(38倍) 眼視用・撮影用・スクリーンアイピースの3種類
Advertisement

ラプトル60 ¥19,800

個人的おすすめNo1です。

対物レンズは口径6cm、焦点距離700mmのアクロマートレンズを採用し、色にじみが抑えられたシャープな像を得ることが可能です。もちろん、土星の環や木星の縞模様も観察が可能です。

十分な強度を持った三脚に、天頂ミラー、接眼レンズも二つが付属し、かなり本格的なものとなっています。

非常に直感的に扱えるので、小学生~大人まで幅広い年代の方にお勧めです。

 

□ここがGOOD
・口径6cm、焦点距離700mmのアクロマートレンズを採用、シャープな像が得られる
・アイピースが二つ付属、より高倍率での観測が可能
・金属製でアクセサリートレイ付きの三脚
・金属製の接眼部でガタが少なく、快適な観測が可能。

 

□ここはBAD
・三脚に微動装置がついていないので、対象の追尾がもたつく

 

観測対象

月のクレーター、土星の環、木星の縞模様、金星の満ち欠け

形式 屈折望遠鏡 長さ
対物レンズ 60mm/アクロマートレンズ/モノコート 重量 2.5kg(三脚込み)
焦点距離 700mm 付属品 鏡筒本体、三脚、アイピース2種、天頂ミラー、31,7-24,5接眼アダプタ、アクセサリートレイ
付属アイピース 20mm(35倍)、8mm(87.5倍)

 

A80mf ¥42,720

 

国産メーカーVixenの望遠鏡ということで非常に高品質です。

口径が8cmと今まで紹介してきたものよりも一回り大きく、土星の環のカッシーニの溝や木星の縞模様のより詳しい構造が分かったりと、ワンランク上の観測が可能です。

また望遠鏡を載せる架台にはポルタ2という、手を離した位置で望遠鏡が止まる「フリーストップ式」を採用したものとなっており、簡単で直感的な操作が可能なものとなっています。

 

□ここがGOOD
・口径8cm焦点距離910mmアクロマートレンズ採用の堅実な設計
・口径が一回り大きいのでワンランク上の観測が可能
・フリーストップ式のポルタ2経緯台で直感的な操作、微動装置付きで天体の追尾が容易
・質感が高く、安定している

 

□ここがBAD
・紹介した他の望遠鏡に比べて少々値が張る
・鏡筒本体も大きく、三脚もかさばるので収納場所や取り回しに困る

 

観測対象

月のクレーター、土星のカッシーニの溝、木星の縞模様の構造、金星の満ち欠けや火星の極冠、星雲・星団

形式 屈折望遠鏡 長さ 860mm
対物レンズ 80mm/アクロマート/マルチコート 重量 3.3kg
焦点距離 910mm 付属品 鏡筒本体、ポルタII経緯台、三脚、アイピース2種、正立天頂プリズム、星座早見、ガイドブック
付属アイピース 20mm(46倍)、6.3mm(144倍)
Advertisement

最後に

今回はおすすめ望遠鏡4種を紹介しました。

ここで紹介したものは設計もしっかりしており、狙った性能が出せるものなのであとは予算や見たい対象に合わせて選んでみてください。

私のおすすめは「ラプトル60」です。

2万円を切る価格ながら非常に高品質に仕上がっていてコスパが高いです。

また予算に余裕がある方は一つ上の「Vixen A80MF」を選んでみてもよいかと思います。

これだとアンドロメダ銀河やオリオン大星雲などの星雲・星団の観察も十分に可能です。